*daybook log

08*10*26
 あなたに会うための長い長い道
こたえって1つしかないのかな
それとも、1つもないのかな

***---------------

すごくすごく迷ってることがある
でも、だれにもうまく話せなくて
自分のなかでどんどんふくらんでくもやもや

わたしの気もちって、こんなにもろかったのかな

***---------------

かなわない想いを持ちつづけること
あきらめること
受け止めてくれる手にたよること
どれもわたしにはむずかしくて

でも、正しいこたえなんて、きっとないんだよね
自分で見つけなくちゃ
わたしのほんとの気持ち、聞けるのはわたしだけだ

***---------------

なんだかよくわからなくてごめんなさい
ちゃんと自分のこたえ見つけられたときは、
お話しさせてください*

08*10*14
 わたしの気もち、あなたはきっと知らない
すぐそばにいて、いっしょにわらえる
そんな毎日がうれしくてうれしくて、すこしせつない

***---------------

1ばん話したことのない男の子だったんだ
だけど、いつの間にか1ばん仲よくなって、
あっという間に特別になってた

歳は1つ上のはずなのに、なんだかむじゃきで、
ほんの少しのお酒で まっかになっちゃう
カルピスをすごくうれしそうに飲むんだよ
体がよわくてよわくて、月に1回はかぜひいちゃう
サッカ−のことを語りだすと、いつまでも止まらない

ほんとは、頼れるしっかりしたお兄ちゃんみたいなひとがすきだったはずなのになぁ
自分でもふしぎ
でも、もうわたしのなかでこんなにおっきくなってる

***---------------

きっと、かなうことはないと思う
仲よしだけど、なんとなくわかっちゃうんだ
ときどき、近いからこそ、さみしくなる
それでもやっぱり、そばにいれる時間がうれしいから
自分にうそはつけないから
これからもずっといっしょにわらってたいな

そしていつか、かなわなくてもいい
この気もち、ちゃんと届けられますように

08*10*12
 秋って、おいしくてかわいくて
春にとまった時間
夏をこえて、風がやさしい秋にもどってきました

***---------------

マトリョ−シカのメモ帳
センパイがくれた赤のマグカップ
2つならべたぴんく色の小箱
顔がおっきなミニ−ちゃんのボ−ルペン
色とりどりのふせん

ものが少しずつ増えていって、すっかり わたしだけのものになったデスク
いつもだいすきな小物にかこまれてるよ
デスクトップのイラストを変えるたびに、 みんながのぞきこんでわらってくれる
今のわたしの居場所は、とてもなごやかでにぎやかです

***---------------

カレンダ−がくるくるめくられて
あっという間に半年がすぎた
1日ばたばた走りまわったり、
ちっちゃなミスをくりかえして落ちこんだり
つらいときももちろんあるよ
でもわたし、仕事すき?って聞かれたら、きっとおっきくうなずいちゃうな

***---------------

ただいま
まつりは元気です
ほんとに長いあいだおやすみしててごめんなさい
おやすみのあいだにも あったかなメッセ−ジ
いっぱいいっぱいどうもありがとぉ
ちっともお返事できてなくてごめんなさい
質問にもぜんぜん答えられなかったなぁ・・・
amu*caを続けていくことを迷っちゃうときもあったけど、 でもやっぱりここをなくせなかったよ
わたしがみんなとつながれる、大事な場所だから

これからもきっと、ほんとにのんびりになっちゃうと思う
それでも、それでも見守ってくれてたらうれしいです
これからも、amu*caとまつりをよろしくお願いします*